プレゼンテーションセミナー【ベストプレゼン】1日集中少人数制講座 東京・大阪・名古屋

プレゼンテーションセミナーのベストプレゼン
 ベストプレゼン

TOPページにもどる


高津和彦のプレゼン分析 [13]

高津が見た、NHK めざせ!会社の星
「プレゼンは任せなさい!」(2)

ジャパネットタカタの高田社長も出演していました。

高田社長の挨拶は、気が伝わってきます。 「臨時社員の皆様、高田明です!」の臨時の「り」、高田の「た」のイントネーションの立て方が、うまいんです。
これは何より、高田社長の「気」が、そうさせています。
「言葉を力強く、先頭にイントネーションを」というアドバイスでしたが、高田社長のように気が入っていなければできません。

逆に言えば、情熱があって気のこもったプレゼンをするなら、「緩急をつける」「たたみかける」など言葉のテクニックも、自然と工夫するようになるし、「手だけでなく全身でジェスチャーを」などの動きもおのずから出てくるようになります。

高田社長のこの一言に、プレゼンの原点があります。
「恋愛と同じ。思いを伝えることが大事!」

「情熱だけでやってる。」という大浦さん。
そうです。そのとおり!思いを伝えるという情熱こそが、重要。
まず、それが基本の土台。それがあってこそのテクニックなんです。

(プレゼン分析11「成功するプレゼンの要素と優先順位」を参照)

例え、前のプレゼンターに言いたいことを全部言われてしまったとしても、「この劣勢を何とか跳ね返そう、絶対に負けたくない!」という熱い気持ちが 湧き上がってくるようでなければダメなんです。
恋愛の告白をしようとしたら、他の人が先に言ってしまったとしても、 同じ「好き」という内容を、ライバルよりももっと一生懸命に相手伝えようとするでしょう?

僕もたびたび、コラムやブログでふれてきたメラビアンの法則が、番組でも取り上げられていました。 人間は、メッセージの内容よりも見た目で判断する、というもの。

1.視覚情報=容姿、表情、ジェスチャーなど(55%)
2.聴覚情報=声のトーン、口調など(38%)
3.言語の内容(7%)

これは、確かにあたっていますが、昨今の「見た目からの情報が最も重要で高い比率を占める」という解釈は、曲解です。 これは、言葉の内容が様々に取れる場合の実験データで、例えば「今日も元気だね」という言葉に対して、 好意・お世辞・嫌味・嫉妬などの判断をする時のことです。
見た目がよければ相手の心の半分以上をとらえられる、という数値ではありません。

たとえ見た目で好感を持たれても、声や話し方や内容によっては、それは「0%」と同じなのです。

ですから番組の中で言っていたような、プレゼンの時は「この色のネクタイがいい」とか「メガネは銀縁がいい」などは、 自信を持ってプレゼンするための自己暗示や、あがらないためのジンクスとしてなら期待できますが、 聞き手に対してのビジュアル効果はプレゼンの「本業の部分」ができていなければ、「0(ゼロ)」です。
見た目がいいだけで勝てるほど、プレゼンもクライアントも甘くはありません。
しかし、この法則を別の角度から見れば、ほぼ同じ内容のプレゼンであっても表情・ジェスチャー・声・口調などで ライバルに大きな差をつけることが可能だ、ということです。

最後に、司会のアンジャッシュ・渡部さんが言っていました。
「情熱があればいいってことだ!」

そう、これは正しい。
プレゼンというものは、究極、「これ、すごいだろ!」とあなたが言って、 相手に「ふ〜ん?」じゃなくて「すっげぇーー!」と言わせることです。
絶対、「すっげぇーー!」って言わせてやるぞ、という情熱なくしてプレゼンは成功しません。 最初から、「言わせられるかなぁ?」では、勝負にならないんです。

ただし、情熱は、スタートライン。情熱がなくては話になりませんが、情熱だけでは無理なのです。その情熱を、伝える方法を、ちゃんと知らなければいけません。情熱と伝達、プレゼンの成功は、この2つがカギです。

山本さんが「情熱は持ってるけど、なかなかそれが出せないんです。」と言っていました。
そこが、プレゼンの成否を分けるポイント。
聞き手に伝える「情熱」を持つことと、それを聞き手に伝えることができること、 その2つが揃って、通るプレゼンになるのです。

▲ ページ上にもどる