「話が拡がっていく」人になるには

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

先日、ある出版記念パーティに出席して得た発想を、今回はお話しましょう。

 


僕の友人(=著者)の出版記念パーティで、彼の講演を聞いた。

講演中、彼はみんなに問う。
"ありがとう"の反対語は何ですか?」


とっさに思いついたのは、
「ありがたくない」「有難迷惑」
名答?迷答?


彼の回答は?

(さらに…)

情報開示はキャリアアップにつながる

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

いかにして、キャリアアップをしていくか?皆さん、常に考えることでしょう。
今回はこの方法についてお話します。

 


まず。
今日の教訓。
「自己情報開示はキャリアアップにつながる」

それで。
私自身の、”キャリアアップ”エピソード。


2016年4月に、6冊目の本を出した。
あがってしまうシーンでも相手にきちんと伝わる『話し方』の授業」だ。


その時の経緯:

(さらに…)

自己紹介は”自己プレゼン”

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

ベストスピーカー/ベストプレゼンのセミナー受講時、最初に自己紹介をして頂きます。
その際、いろいろなパターンや話しぶりがあります。
それは非常に興味深い事象なので、今回はこれを考察します。

 


自己紹介。

大勢の前で話す、いわば "自己プレゼン"だ。


人がこれに臨む際、いくつかのパターンに分類できる。

1-「え~、何で?はずかしい」が大半。
2-「言われたから、しかたなく右にならえだ」が残り大多数。
3-「よしっ!やってやるぞ!」って言う人はほとんどいない。


しかし。
自己紹介の場があるってことは素晴らしいことなんだ!


なぜか。

(さらに…)

「できる人!」と言われるためには

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

今回は、ベストスピーカー/ベストプレゼンを受講される皆さんを見ての僕からの問題提起。
いつも話す側の心構えを話しているが、今回は、”聞く方の側"についての考察。

 



僕が、ベストスピーカーのセミナーで、
「これはみんなどう思う?」と問いかける。


するとみんなは、「・・・」。
無言。
反応なし。


これは嫌ですよ。
前で話している者としては。


振り返って、ミーティングや会合の時、聞き手のあなたはそんなことはないだろうか?

(さらに…)

質疑応答での重要点

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

受講生から質疑応答に関連した意義深い報告を頂きました。
質疑応答に悩む皆さんにとって、非常に勇気づけられ、かつ役立つ内容です。
参考になるので、その内容をお話します。
 


大阪近郊の市役所に勤務しておられるAさん。
市議会での質疑応答で回答する任務を言い渡された。

Aさんは、都市計画のセクションに着任してまだ日も浅い。
対して、経験豊富な市議らの鋭い質問が予想される。


で、その質疑応答対策として、ベストプレゼン個人レッスンを受講された。

そして先日、結果報告のメールを頂いた。

 

(さらに…)