「流暢な話し方」を目指す?

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

ベストスピーカー/ベストプレゼンの受講生から頻繁に聞くこと。
「『流暢』に話せるようになりたいんです」。
今回はこれについて考察します。

 


自分のなりたい姿。
それは「流暢に話せること」と言う人が結構いる。

スラスラ話したい。
スムーズに話したい。
淀みなく話したい。

これらみんな、流暢と同じイメージだ。


確かに「立て板に水」という言葉もある。

しかしこれは僕は絶対に奨めない。
これを目標にしてはいけない。

 

なぜか?

(さらに…)

「話が拡がっていく」人になるには

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

先日、ある出版記念パーティに出席して得た発想を、今回はお話しましょう。

 


僕の友人(=著者)の出版記念パーティで、彼の講演を聞いた。

講演中、彼はみんなに問う。
"ありがとう"の反対語は何ですか?」


とっさに思いついたのは、
「ありがたくない」「有難迷惑」
名答?迷答?


彼の回答は?

(さらに…)

自己紹介は”自己プレゼン”

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

ベストスピーカー/ベストプレゼンのセミナー受講時、最初に自己紹介をして頂きます。
その際、いろいろなパターンや話しぶりがあります。
それは非常に興味深い事象なので、今回はこれを考察します。

 


自己紹介。

大勢の前で話す、いわば "自己プレゼン"だ。


人がこれに臨む際、いくつかのパターンに分類できる。

1-「え~、何で?はずかしい」が大半。
2-「言われたから、しかたなく右にならえだ」が残り大多数。
3-「よしっ!やってやるぞ!」って言う人はほとんどいない。


しかし。
自己紹介の場があるってことは素晴らしいことなんだ!


なぜか。

(さらに…)

「できる人!」と言われるためには

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

今回は、ベストスピーカー/ベストプレゼンを受講される皆さんを見ての僕からの問題提起。
いつも話す側の心構えを話しているが、今回は、”聞く方の側"についての考察。

 



僕が、ベストスピーカーのセミナーで、
「これはみんなどう思う?」と問いかける。


するとみんなは、「・・・」。
無言。
反応なし。


これは嫌ですよ。
前で話している者としては。


振り返って、ミーティングや会合の時、聞き手のあなたはそんなことはないだろうか?

(さらに…)

子供っぽい話し方から脱却

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

ベストスピーカー/ベストプレゼン受講生から、よく聞かれること、
「私、話し方が幼稚だって言われるんですが、なぜなんでしょう?」

今回はこれに対する分析をします。キャリアアップを目指す皆さん、ぜひ参考にして下さい。

 


セミナーの受講者で、子供っぽい話し方をする人が結構いる
特に、学生や女性に多く見られる。


先日のセミナーでも、受講生が自己紹介で、開口一番ソプラノの通る声で、
「わたしは、内科医をぉ、していますぅ」

かわいい。
学生みたい、でもそんなにも若くはないぞ。
幼稚園の先生ならいいけど、医師という感じじゃないな。


声はこれほど一瞬にして、第一印象を相手に発信してしまうのだ。


会議でここ一番の発言する、役員面接を受ける、入札コンペに臨む、
そんな時、幼稚な声で話したらどうだろう?
説得力ある落ち着いた声こそが、ビジネスキャリアでは非常に要求される。


では、なぜ幼稚に聞こえるか

(さらに…)