“面白い話”の分析

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

僕は"面白い話"の構造について、よく受講生に説明します。今回はその分析。

 


これまでも皆さんによく話しているが、僕は落語を演じる。
また授業の中に小噺を取り入れて教えてもいる。


なぜならなら落語はたった一人で様々な人を演じ分け、そして聴衆をひきつける。
落語には何百年にわたって語り継がれてきた"話の技術"のエッセンスがぎっしり詰まっている。

だからこれを学ぶことで人前で話すことに非常にプラスになるから。
面白い話をして人を引き付けたいと思う人にはなおさらだ。
 

(さらに…)

共感されるプレゼン-2

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

前回に引き続き、"共感されるプレゼン"論を展開します。

 


前回のブログで「共感されるプレゼン」の一例として、最近のベストスピーカーの受講生の
"プレゼン大成功の報告"談を紹介した。

それは800人の医師に向けたプレゼンテーション。
金額に換算すれば1200万円のプロジェクト! 
そしてプレゼンしたその受講生は、いわば、"1200万円プレゼンター!"、すごい人だと。
プレゼンテーションでは具体的数値を提示することで、より共感度を増すと説明した。


ここでちょっと視点を変えて、そのプレゼンセミナー実施の背景を考えてみよう。

 

(さらに…)

共感されるプレゼン-1

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

ある受講生のプレゼンエピソードから、僕の"共感されるプレゼン"論を2回にわたってお話します。

 


ベストプレゼン修了生がメールしてくれた"プレゼン大成功の報告"を、先日の講座の中で事例紹介として話した。


その報告とは「800人の医師に向けたプレゼンテーション」。

金額に換算すれば1200万円のプロジェクト! 
つまりプレゼンしたその受講生は、いわば、"1200万円プレゼンター"
すごいでしょ?!

その修了生はすごい人なんだよと。
そして、皆さんもそうなれるんだと。


つまりプレゼンでは"具体的数値を提示"することで、より共感度を増すことを、この事例で説明したのだ。

 

(さらに…)

日本人としての正しい敬語

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

今回は今年最後のブログです。
1年の締めくくり。日本人としての正しい敬語について考察しました。

 


「ネギを入れさせて頂いてよろしいでしょうか?」

こんな言い方はおかしい!という記事が新聞に出てたよって
友人が教えてくれた。ラーメン屋での店員の声掛けだという。
ほんと、おかしいよね。


でも僕がまず思ったことは…、
「一億総敬語、持って回り表現」にどっぷりつかっている今の日本において、
まだこう感じる人もいるのだということ。そのことに安心した。


では、なぜおかしいかを分析しよう。

(さらに…)

“面白い”の構造

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

「なぜ何回も、同じ落語を人は聞きに行くのか」から、"面白い"の構造を分析します。

 


僕は落語を演じる。もう趣味の域は超えていると思う。
先月も2か所で演じた。
2回とも「さすがですね」と言われた。

僕には常に「しっかり評価を得るためにはちゃんとやらないと」という気がある。
でないと下手なアマだと思われてしまう。

プロの師匠から直に教わった僕としては、師匠の名を辱めないためにもそれは避けたい。
だから2回とも大きな拍手をもらえたことで安堵している。


実は依頼されたのは1か所からだけだった。

(さらに…)