コミュニケーションを向上させるには

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

最近のIT状況について、"ベストスピーカー的"考察をお話しします。

 


先日、友人のAさんと一緒にいる時に、AさんのLINEにメッセージが入ってきた。
差出人は、4年前に仕事でAさんが知り合って、その後は付き合いの無い人。


Aさんはメッセージチェックしてから、怪訝そうな顔で
「高津さん、ビットキャッシュって何?」と聞く。

そのLINE、書かれていたのは、
「今からコンビニに行ってビットキャッシュを2000円分買ってきてくれませんか?」


まさに、うわさに聞く"ビットキャッシュ詐欺"だ!
 

(さらに…)

日本人に今、求められること-1

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

今回は大きな視野に立ち、日本人に今、求められることについて述べます。

 


突然ですが。

今の学生は真面目です。

幼稚園児から大学生まで。
特に成績のいい子は。
言われたらきっちりやる。
それが良い子だという教育によって。

ところが言われなければ何もしない。
"自から考えて実行する"点について、教育は重きを置いていないように見える。

だから、何をしていいかわからない。
そんな「子」が多くなってきている。

そして、このように無意識のうちに「子」という言葉が出てしまう。
それは大きくなっても成長していないという印象を受けるからだ。


話を戻して。

(さらに…)

“通じる”話し方

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

先日アメリカから25年ぶりに友人の訪問を受けた。その時に感じたことを。

 


まだサラリーマンだった青年時代、仕事やプライベートでよく海外に行ったものだ。アメリカ出張の折、日本を飛び出しニューヨークで頑張っている友人を訪ねたりした。
そんな時、久しぶりの再会で、友人がホームパーティで歓迎してくれた。

そこで出会ったニュージャージーに住む東京出身のAさん。
NY在住の日本人を対象に保険代理店を経営している。
物静かだが、一国一城の主だけに気骨ある男性。
その場で親しくなる。


その後、お互い忙しくてやりとりが途絶えていた。
が、先日、突然の電話。
リタイア後の家探しにアメリカから帰ってきているという。
即、会おうということになって、オフィスに招く。


Aさんは2年後の引退を見据え、年間で日本4割、ハワイ4割、ニュージャージー2割で暮らすという計画を話してくれた。

(さらに…)

表情ひとつで相手の気持ちも変わる

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

先日のある出来事から悟った教訓をお話します。

 


先週と今週・再来週は在大阪で、ベストスピーカー/ベストプレゼン指導中。
といいつつも、週末土曜は名古屋での講座だった。

その中で、指導前の「Beforeのビデオ録画」を見て、受講生に
表情の重要性について解説した。
それは、表情においては普段から気持ちの変化がパパッと顔に軽く出るよう、筋肉が即座に自在に動くことが必要だということ。


そのことで一つのエピソードを思い出した。
それは少し前、コンビニに立ち寄った時の事。

レジで、店員さんが「抽選できますのでどうぞ!」と抽選箱を前に出して言ってくれた。

僕はその時、「これまでに何回もやったが当たったことが無い」ことがパッと頭に浮かんで。
瞬間的に口に出た言葉は。

「くじ運悪いからいいよ~」
と断ってしまった。


と、その時。
横のレジで同じ言葉に対して、別のお客さんの反応。

(さらに…)

「伝わる英語」の獲得法

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

今回は、世界のベストスピーカーを目指してほしい皆さんに対してのメッセージです。

 


NHKでビジネス英会話をやっている。
結論から言うと、全くこれは役に立ちません。


その理由:

1-"いつも白人が上司"という設定

日本人は常に部下。
白人からいつも命令されるのが潜在意識として植えつけられていく。
対等に話せないというイメージが、もうそこに表れている。
日本人が上司で、白人が部下という設定があっただろうか?

また(多民族の中で)みんなの共通語である英語で、日本人同士も話す。
そんなシーンがあっただろうか?
多様な人たちが議論する中では、同国人同士でも英語で話す、これが世界での英会話の一般的情景なのです。

 

相手に、気持ちがひれ伏して、言葉はしゃべるものではない。
例えば、白洲次郎はイギリス仕込みの英語で主張すべきところは頑強に主張し、GHQ要人をして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた。
そして尊敬されていたではないか。

欧米人に対して、ちょっと表現はきついが"心情的奴隷状態"の人たちが制作している。
それが番組の会話の端々に出てくる。

 

(さらに…)