「大阪トップランナー」のプレゼン指導

Pocket

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。
大阪市の依頼で、認定審査対策のプレゼンテーション指導を行いました。今回はその話を。

 


 

大阪市認定プロジェクトの一つに、
2013年からスタートした「大阪トップランナー育成事業」がある。
これは主に医療・介護・健康分野で、
新ビジネスの可能性がある製品・サービスの事業化を行う企業を支援するプロジェクト。


これまでのプレゼン指導は資料の作成・パワポの組み立てに重点を置いてきたため、
本番プレゼンが上手くいかなかったらしい。
やはりプレゼンのデリバリー能力を鍛えることが必須ということで、
急遽ベストスピーカーに白羽の矢が立ったのだ。
一人のプロジェクトスタッフが、僕の「達人のプレゼン」を読んで、
「ぜひ!」と言ってくださったのだ。 ありがたいことです。

 

続きを読む >>

感動的なスピーチ

Pocket

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

あるベストスピーカー受講生の受講アフターのスピーチの話題を。

 


 

A子さんがベストスピーカーに来られたのは、
これまで人前で話すことが嫌で嫌で逃げ回っていたのだがPTAで大会実行委員長に選ばれ、
総会で2000人の前でスピーチをしなけりゃいけなくなったからだった。

1回目に来られた時、ビフォーのスピーチはそれはもう「嫌で嫌で」やってる、そのものだった。

 

続きを読む >>

「伝わらない」の深いわけ

Pocket

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

今回は、話が「伝わらない」についての分析です。


 

ベストスピーカー/ベストプレゼンセミナーで学ばれるにあたって、いつも僕が質問することは、
「自分の問題点、何をどうしたいか?」

 

その中で非常に多いのが、
「伝わらない話し方」を直したい。

 

いくつか理由があるのだが、持って回った話し方、というのがある。

 

続きを読む >>