“気”をパッと出す意味

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

今回は「気の実践」についての話をします。

 



僕はベストスピーカー/ベストプレゼン講座に来られた生徒さんに、
即、パッと拍手をすることを期待する。
もちろん、どんなパフォーマンスにでも、やみくもにということではなく。
当然、良いパフォーマンスに対してでありますが。

それは受講生同士だけでなく、講師の僕のパフォーマンスに対してもです。

なぜか。

(さらに…)

どう質疑応答力を鍛えるか

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

よく受講生から頂く質問、「どう質疑応答力を鍛えるか」についてお話しします。

 


先日、ある受講生の方から、プレゼン成果の報告と質問を頂いた。

曰く。
パワポを使って発表する機会があり、最後まで一度も詰まることもなく話すことができた。
が、質疑応答で、質問というよりは感想を述べられ、それに対して何と返したらいいか咄嵯に言葉が出てこなかった。

僕の回答は。
「そう、質疑応答、長~い自分の感想言うのがいるよね。
それは、セミナーでやった、あの"話に割って入る訓練"、あれを生かそう。
相手の話にちょっと隙ができた時、『で、ご質問は?』って、間髪入れずパッと言う。
その瞬発力と勇気。ふだんから試そう!」


話、変わって。
 

(さらに…)

どんな自己紹介をしますか?

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

もうすぐ新年度。自己紹介の機会も増える時期です。今回はそれについてベストスピーカー的視点で考察します。

 


最近、自己紹介をしましたか?


自分自身の活動範囲にもよるが、ほとんどの人はそういう機会は頻繁にない。
でも何かで会合やミーティングに出たら、初対面の人に対して、"突然の全員自己紹介"ということになる。

それはお互いを短時間で一気に広く知ろうということで。


ところがみんな、そんな時に自分のことを言いたがらない。
それでも自己紹介の順番が回ってきて、やらなきゃいけない。

(さらに…)

“自信ある自分”を築く

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

昨今のベストスピーカー/ベストプレゼンセミナーを通して感じることを話します。

 


どうすれば人前で堂々と話せるか?


この解決を見い出しにベストスピーカーに多くの方が来らる。
まず、「自分は堂々としていない」と思っているんだ。
そして、「話すことに、自信がない」と感じている。


そう、人から
「大丈夫だよ~」
「心配ないよ~」
「もう出来てるじゃないか~」
「そんなに話せててなぜ講座に来るんですか~」
といくら言われても、自分で出来てないと思ってるからしようがない。


こんな状況が僕に、ずいぶん前のNHK番組「奇跡のレッスン」―少年野球指導―で、元ロッテの監督ボビー・バレンタインが語っていたことを思い出させた。

(さらに…)

“面白い話”の分析

こんにちは、スピーチトレーナー高津和彦(こうずかずひこ)です。

僕は"面白い話"の構造について、よく受講生に説明します。今回はその分析。

 


これまでも皆さんによく話しているが、僕は落語を演じる。
また授業の中に小噺を取り入れて教えてもいる。


なぜならなら落語はたった一人で様々な人を演じ分け、そして聴衆をひきつける。
落語には何百年にわたって語り継がれてきた"話の技術"のエッセンスがぎっしり詰まっている。

だからこれを学ぶことで人前で話すことに非常にプラスになるから。
面白い話をして人を引き付けたいと思う人にはなおさらだ。
 

(さらに…)